工場勤務に向いていない人

繰り返しの作業やマニュアル作業に耐えられない人

工場での仕事は誰でも簡単にこなせるというわけではありません。性格的な問題、あるいは別の部分で合わない人も存在します。たとえば、どういった人が向いていないのかというと、まず同じ作業を繰り返すことが苦手な人。工場には手先が不器用な人でも働けるポジションはありますが、どの仕事も基本的には一日中、同じことを繰り返します。そういった作業が苦手だと一日働いただけで精神的にきつく感じてしまうかもしれません。
また、マニュアルに沿って作業をこなすことが苦手な人も向いていないです。どのようなものを作っているかにもよりますが、大抵の工場は従業員に独自の感性とか、オリジナリティといったものを求めません。要求したことを機械的にこなしてくれる人を歓迎します。

突発的なことで休んだり遅刻や早退が必要な人

小さな子供と一緒に暮らしているなどの理由で、イレギュラーなことに対応しなければならない人も工場の勤務は避けた方がいいでしょう。工場で働き始めると特定のポジションにあてがわれます。たとえば、ライン作業における製品を梱包する仕事などです。一つの持ち場で一人が専任として働く感じになるので、もし、突然休んだり、あるいは早退してしまうとライン全体がストップし、空いた持ち場に誰を入れるのか大きな問題になってしまいます。ただ、事前に休まなければならない日や早退しなければならない日を申告できるのであれば、工場がうまく対応してくれるでしょう。
貧血気味な人も向いていません。工場内ではずっと立っていることが多いからです。